宝くじ 売り場 日曜日k8 カジノイー・モバイル好調、auはMNP転入超に復帰──8月契約数仮想通貨カジノパチンコニラク 平塚 データ

宝くじ 売り場 日曜日k8 カジノイー・モバイル好調、auはMNP転入超に復帰──8月契約数仮想通貨カジノパチンコニラク 平塚 データ

カジノ シュミレーションk8 カジノ

グループ名 2008年8月純増数 累計NTTドコモ 8万4400 2in1:4万85005380万7200(51.5%) 2in1:42万600KDDI 5万49003037万6900(29.1%)ソフトバンクモバイル 16万3300 ダブルナンバー:12001949万400(18.7%) ダブルナンバー:2500イー・モバイル8万430075万2400(0.7%)携帯総計 38万7000 1億442万6900(前月比増減率 0.4%)

スロット 天井 狙い ブログ 電気通信事業者協会(TCA)は9月5日、2008年8月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。携帯電話の契約数は1億442万6900件、7月末から38万7000の増加となった。

 キャリア別純増数トップはソフトバンクモバイルの16万3300(ダブルナンバー:1200)純増で16カ月連続。続いてNTTドコモの8万4400(2in1:4万8500増)、イー・モバイルの8万4300、KDDI(au)の5万4900の順となった。

 8月は例年、7月の商戦月と比べると需要が落ち込む。ただし、全体的に契約数の増加が鈍化する状況において、純増数総計そのものは同年前月と大差なく、むしろ前年同月の数値を上回った。

 7月に初の番号ポータビリティ転出超過となり不調も伝えられたKDDIは、5万4900の純増、9800の番号ポータビリティ転入超過で8月はプラスに転じた。「春先の不自然なプリペイド契約の純増に関わる大幅純減が収束したこと(8月は6800の純減)。そして7月は多少なりともiPhone 3Gの影響があったが、iPhone 3Gがどのようなものかを見極めるため、全体的に“買い控え”する傾向もあった。8月のプラス結果はそれが収まったためと思われる」(KDDI広報部)。

 ソフトバンクモバイルは、伸びは鈍化したが今月も純増シェアトップを記録。同ペースで推移する場合、2008年内には累計2000万契約の大台に達する。ドコモの純増内訳はFOMA(3G)40万300増、mova 31万5900減。11月30日に新規申し込み受け付けを終了(サービス終了日は未定)するmovaからFOMAへの契約変更動向は加速している。一方、iモード契約は1万1900の純減。「Web通信を不要とする主に法人ユーザーによるものと思われるが、詳細は調査中」(ドコモ広報部)

 イー・モバイルは、「100円モバイルPC」といった販売方法で展開する家電量販店による個人ユーザー向けデータ通信端末販売が好調で、ドコモの純増数に迫る8万4300の純増を記録した。

Graph携帯電話純増数の推移Graph携帯電話純増シェアの推移

  2008年8月純増 累計・システム別NTTドコモ(W-CDMA) 40万3004598万8700NTTドコモ(PDC) -31万5900781万8500au(CDMA2000 1x) 5万97002999万8000au(cdmaOne) -480037万8800ソフトバンクモバイル(W-CDMA) 38万62001594万8200ソフトバンクモバイル(PDC) -22万2900354万2200イー・モバイル(W-CDMA) 8万430075万2400・プリペイド契約NTTドコモ -2003万9200KDDI -680048万7400ソフトバンクモバイル -1万6800112万1300イー・モバイル9008900合計 -2万2900165万6800・通信モジュールNTTドコモ 9600148万6200KDDI(auモジュール系サービス用回線数) 1万40086万6200ソフトバンクモバイル 03万2500合計 1万9900238万4900・IP接続サービスiモード(NTTドコモ) -1万19004803万5200EZweb(KDDI) 5万8002578万1200Yahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイル) 9万26001571万600EMnet(イー・モバイル)22003万3200合計 13万38008956万200
MNP利用状況 転入 転出 差し引きNTTドコモ 非公開 非公開 -4万3700au 非公開 非公開 9800ソフトバンクモバイル 非公開 非公開 3万3600イー・モバイル非公開非公開300

ウィルコムは1万7400の大幅純減

グループ名 2008年8月純増 累計ウィルコム -1万7400459万9400PHS総計 -1万7400459万9400

 ウィルコムのPHS契約数は、今回1万7400の大幅純減に転じ、契約者累計は460万を割る459万9400となった。

 7月に発売した「WILLCOM 03」「WILLCOM D4」「WILLCOM 9」といった新機種のコンシューマ向け需要が商戦期後でやや落ち込んだこと、時期的に法人需要が減るタイミングが重なったことが要因とみる。「法人契約が全体の4割ほどあるので、休暇や時期による法人需要の減少が大きく影響してしまう傾向がある」(ウィルコム広報)。

 また、データ通信端末、特にイー・モバイルとの争いはさらに激しくなっている。

関連キーワード電気通信事業者協会(TCA) | NTTドコモ | イー・モバイル | ソフトバンクモバイル | KDDI | ウィルコム | 番号ポータビリティ | 2in1 | ダブルナンバー | W-CDMA | データ通信 | FOMA | iPhone 3G | 法人ビジネス | プリペイド仮想通貨カジノパチンコ今日 の トップ リーグ の 結果