パチスロ ワン ゲームk8 カジノ加熱時間を約20%短縮する赤外線ヒータ式金型加熱器を開発、鋳造工場向け仮想通貨カジノパチンココンコルド 沖 ドキ

パチスロ ワン ゲームk8 カジノ加熱時間を約20%短縮する赤外線ヒータ式金型加熱器を開発、鋳造工場向け仮想通貨カジノパチンココンコルド 沖 ドキ

wifi レンタル 価格k8 カジノ

パチンコ シンフォギア 感想 中部電力とメトロ電気工業は2019年10月24日、共同開発した赤外線ヒータ式金型加熱器「HIGH POWER金型加熱器TOUGH」の受注を開始した。参考価格は、加熱範囲300×400mmの製品が約150万円となっている。

 HIGH POWER金型加熱器TOUGHは、赤外線ヒータの上部に赤外線反射塗料を塗布している。これにより、多くの赤外線を効率的に下金型に照射でき、加熱時間を従来比で約20%短縮する。

 また、フレームの材料を、耐酸化性に優れ約1000℃に耐える耐熱ステンレス鋼(SUS310S)に変更。赤外線ヒータからの熱によるフレームの酸化や変形を防ぐ。ヒータの定格消費電力は18kW(3kW×6本)。本体のサイズは610×275×125mmで、質量は約11kgだ。

 今後、鋳造工場を中心に同加熱器を販売し、金型の加熱行程における課題解決を支援する。

 鋳造工程では、鋳造前に上下の金型を一度熱して高温にする。特に下金型は、通過する溶解金属が途中で冷え固まらないよう、上金型よりも高温にしておく必要があるが、金型加熱器からの熱が上金型の方に滞留するため、下金型の温度上昇が遅かった。また、耐熱温度約700℃のステンレス鋼を用いた従来のフレームは、金型を400~500℃で長時間加熱するような場合、赤外線ヒータからの熱で酸化、変形しやすいという課題があった。

photo「HIGH POWER金型加熱器TOUGH」の概要図 出典:中部電力photo「HIGH POWER金型加熱器TOUGH」の外観 出典:中部電力 「FAニュース」バックナンバー オムロンが約10年ぶりのトップ交代、制御機器事業出身の新社長で次なる成長へ国産初の手術支援ロボットなどが受賞、経済産業省らがものづくり日本大賞を発表最大直径8インチウエハーの研削加工、SiCなど難削材にも高トルクスピンドルで対応新実験棟で開発体制を増強、アズビルが目指すモノづくり自律化システムとはスループット性能が約2.6倍向上、新たな深紫外レーザー採用のウエハー表面検査装置ウエハー搬送機構の刷新で高い生産性、独自の洗浄処理技術を有する枚葉式洗浄装置世界初! 超音波AIで冷凍マグロの鮮度を非破壊評価、将来的にはおいしさの判定も±10m毎秒まで測定可能な非接触測長計、製紙工場の余巻き防ぎコスト削減に貢献半導体製造プロセスの歩留まりを改善、新設計の四重極形質量分析計高剛性と空間精度15μm以下の高精度を両立、DMG森精機最大の横形マシニングセンタ仮想通貨カジノパチンコw 杯 放送